これに注意すれば大丈夫!? 不用品回収業者とのトラブルの事例と防止方法とは?


自治体のごみの回収ルールが厳しくなるにつれて、不用品回収業者の需要が高まっているそうです。
色々な不用品を一度に回収してくれる業者はとても便利で頼りになりますが、その一方で国民生活センターには毎年のようにトラブルの相談が寄せられているといわれています。
では、そのトラブルとはどんなものがあり、どうすれば防げるのでしょうか?
今回はトラブルの事例と防止方法をご紹介しましょう。
不用品回収業者のご利用を考えている方はぜひ一読してみてくださいね。

 

なぜ、不用品回収業者とのトラブルは起こるのか?

不用品回収業者とは、文字通り家庭から出た不用品を有料で回収してくれる業者のことです。
ちり紙交換のように軽トラックで街中を流しながらテレビやラジカセなどを回収します、と宣伝している業者を見たことがありませんか?
あれも不用品回収業者の形態の一種です。
今は大きな家具家電も回収してくれたり、遺品の整理やごみ屋敷の片づけなどをしてくれる業者も出てきたので、これからも需要は高まってくると思われます。
しかし需要が高まっていく業種というのは業者が玉石混合になりがち。
さらに、不用品回収には相場がまだ確立されていません。
つまり業者が高い回収料を請求しても強く反論できない人が多いのですね。

また、利用者のほうが「不用品を片づけたくても片づけられない」という弱い立場で業者に強く出にくいのも理由のひとつです。

 

実際にあったトラブルの事例とは?

では、実際にあったトラブルの事例とはどのようなものなのでしょうか?
一例をご紹介しましょう。

  • 大型家具を一個回収してもらったら、トラックに積み込んだ後に高額の回収料を請求された。
  • 不用品はありませんか?といわれたので持っていってもらおうと家に上げたら、必要なものまでトラックに積み込まれ、「降ろしてほしかったら手間賃を払え」と言われた。
  • 不用品の回収を頼んだら、なぜか貴金属を無理やり安い値段で買い取られた。
  • 「格安で回収してくれた」と喜んでいたら後日回収してもらった不用品が不法投棄されていることが分かった。

このような事例を見ると、なんだか不用品回収業者に依頼をするのが怖くなってしまいますね。
でも、こんないい加減なことをする業者はごく一部にすぎません。
次の項で不用品回収業者とのトラブルを防ぐ方法を具体的にご紹介しましょう。

トラブルを防ぐ具体的な方法とは?

不用品回収業者とのトラブルを予防する方法は、そのまま優良な業者を見分ける方法でもあります。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 必ず回収前に見積もりを作ってもらう。実績のある業者ならばよほど特殊なものか、大量でない限り、一般家庭からでるものなら電話で見積もりが出せるはず。
  • 今なら格安で回収します、と飛び込み営業に来る業者は信用しない。優秀な業者ならば飛び込み営業などしなくてもお客さんは来るはずです。
  •  「冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビを無料で回収します」という業者には注意。これらは家電リサイクル法の対象の家電であり、リサイクル業者で再販できるものは別として、壊れたものを無料で処分することはできません。
  • 名刺に担当者の携帯電話の番号しか書いていないような業者は利用しない。まともな会社ならば、会社名と代表電話を印刷してあるはずです。
  • 売る気がないのに無理やり買いとりをしようとしたり、依頼した不用品以外をトラックに積み、「降ろしてほしければお金を払え」というのは犯罪です。すぐに警察に連絡しましょう。

いかがでしたでしょうか。
この予防法を参考に業者を選べば、トラブルになる可能性は低いでしょう。
「安いから」「ちょうど飛び込みで営業に来たから」など安易な理由で業者を選ばないことが大切なんですね。

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 便利屋ZERO All Rights Reserved.