もっと早く知りたかった!キレイをキープしてゴミ屋敷化を防ぐコツ


お部屋の掃除や片付け、コツを学んでみませんか?

お部屋の掃除や片付けって、誰でもできるようで意外に難しいものです。特に、どうやってやれば良いのか、なんて学校では習いませんので、自分で経験をしながら学んでいくしかありません。

 

今回、部屋の美化を保つための簡単な心構えやコツをご紹介いたします。

ご自身でゴミ屋敷やゴミ部屋を脱出した方でも、その後どうキレイな状態を保てば良いのかわからない…そんな声にお応えいたします。

お部屋のキレイをキープするコツって?

コツとしては、

  • 日頃からこまめにごみをまとめる
  • 不要なものや重複したものを購入して増やさない
  • ごみの収集日には面倒な気持ちを抑えてごみ出しをする

などです。

特に大事なのは下の(1)~(5)のサイクルを回す習慣化が必要です。最初はゆっくりでもサイクルを回してためすぎないようにしましょう。

(1)ごみを捨てる、生活ごみをごみ袋に入れる。

お菓子の包装紙やコンビニ袋、空き缶、チラシやDMなどは毎日増えてゆく生活ごみです。出たごみはその都度常にごみ袋に入れて捨てられるようにまとめておくこと。

小さい習慣を積み重ねは大きな成果となって見違えるほどゴミは減ります。

(2)捨てるかどうか迷ったものを入れる一時保管箱

捨てるかどうか悩むとどうしても掃除中の手が止まってしまいます。また仕訳することは判断することですから集中力を使い疲れてしまいます。

時間や気力を温存して集中力が切れてしまわないよう、今は捨てるかどうかの判断を棚上げし、後で判断して仕分けるものを一時保管箱などに入れるだけにとどめましょう。

(3)不要なものは増やさない

持っているものの数を把握して同じものを買わずものを増やさないようにしましょう。
もっているものの数をチェックする癖をつけることは買いすぎの防止にもなります。

(4)床・テーブルを見えるようにキープする

床やテーブルをきれいに保つことは、お部屋の雰囲気やさっぱり感にかなりの違いが出ます。この状態をキープしようとする気持ちを後押し、サイクルを守るモチベーションになります。

きれいといっても常に雑巾がけをしてピカピカにしておくのではなく、見える状態に保ち小さなごみを拭き取るくらいでかまいません。見える状態を保つには服を床に出しっぱなしにしないことですし、本や雑誌類は本棚か押し入れに入れておくことが必要になってきます。

 

(5)ゴミを定期的に出すこと

さあ、今までこまめに集めておいたごみを一気に出します。

小さな労力でこまめに整理してきたものを一気に処理してしまいましょう。ここで挫折してしまう方も少なくないので、ごみの収集日はしっかり曜日を把握して、ごみ集積所に忘れずに出す習慣をつけましょう。

市役所などのHPにはごみ収集日カレンダーがありますので、忘れないようにプリントして張っておきましょう。

何よりも、習慣付けが、キレイを守る最大のコツ!

習慣づけは最初は大変ですが慣れてしてしまえば、お部屋はきれいに保てます。また頑張りすぎないことも大事です。やろうと思ったときに一生懸命掃除をしすぎると、単発でおわって満足してしまい継続できないことがあります。
長距離のマラソンのように決まったピッチで無理せず走る、ご自身のペースを守ってゆきましょう。

ちょっと手遅れかも…まだ、手はあります

しかしゴミがたまりすぎてしまっているときは、ある程度整理をしなけれなりません。他の方と一緒に手分けして整理することが必要になります。
ご自身の生活状況を見られることは誰にでも抵抗があり、とくに汚れている部屋の場合はなおさらです。お部屋の状態をご家族や友人には知られたくない、頼みにくい心情はどの方も変わりありません。

周りには頼めない、そんな時のために

そのようなときのために、特殊清掃タスカットがあなたのお手伝いをいたします。

 

ご依頼いただければご家族や友人に知られることなく、ゴミ部屋も、汚部屋も整理することができますし、お急ぎであれば当日中に作業完了もできます。

 

これまで片付けでストレスをお感じになっていたら、ごみの片付けを通して、すぐに解決してしまいませんか?

 

お客様の守秘義務を厳守し、誠心誠意対応させていただきますのでご安心ください。

 

コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 便利屋ZERO All Rights Reserved.