新型コロナウイルス感染予防のために

2020年4月29日 水曜日

新型コロナウイルスによる肺炎感染が日本でも確認されています。

主な感染経路は、現時点では飛沫感染(感染者の咳やくしゃみによる飛沫と一緒に放出されたウイルスを吸い込むことによる感染)、接触感染(感染者からのウイルスが付着した皮膚や、手すりなどの物体の表面を介しての感染)だと考えられています。

高齢者の方は感染症にかかると重症化しやすく、回復に時間がかかることもあります。

日常的に予防を心がけている方も、改めて正しい予防方法を確認し、自身が感染しない・他の人に移さないためにも、所定の手洗いやうがい、咳・くしゃみエチケットを励行してください。

新型コロナウイルスの感染者数は増えていますが、致死率は現在のところ2%程度とされています。必要以上に恐れず、正しい情報を基に行動をしてください。

感染しないために普段からできること

正しい手洗い

①流水で手を濡らし、石鹸を手に取り、手のひらをよくこすります。

②手の甲を伸ばすように洗います。

③指先と爪の間を念入りに洗います。

④指の間を洗います。※指先や指の間は洗い残しやすい部分ですので、十分に洗うようにしましょう。

⑤親指と手のひらをねじり洗いします。

⑥手首も忘れず洗います。

石鹸で洗い終わったら流水でしっかりと洗い流し、清潔なタオルやペーパータオルで水分をよく拭き取ります。

正しいうがい

①水を口に含み、少し強めに口の中をゆすいで吐き出します(2〜3回)。

②水を口に含み、上を向いて15秒ほど、のどの奥でガラガラうがいします。(2回)

他の人にうつさないために

咳エチケットの基本

  • マスクを着用する
  • ティッシュ、ハンカチなどで口や鼻を覆う
  • こまめなうがいや手洗いを行う

マスクの着用方法

鼻と口を確実に覆い、隙間がないように装着します。同じマスクを使いまわしはせず、取り換えましょう。

マスクがない場合

①ティッシュ、ハンカチなどで口や鼻を覆います。

②口と鼻を覆ったティッシュは、すぐにゴミ箱に捨てます。

とっさの場合

①他の人から顔をそらします。くしゃみや咳の飛沫は、1~2m飛ぶと言われています。くしゃみや咳をするときは、周りの人にかからないようにします。

②こまめに手洗いする。くしゃみや咳などを抑えた手から、ドアノブなど周囲の物にウイルスを付着させないよう、こまめに手洗いを行います。


Copyright(C) 便利屋ZERO All Rights Reserved.