船橋市行田で遺品整理をさせていただきました


今回の作業での一番の課題は,故人様は以前、学校の教員をやられていたそうで、約3000冊を上回る様々な書籍があり、それらをいかに迅速に処理するかということでした。そのほか、大型冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、トースター、ガスコンロ、3人掛けソファー、エアコン2台、洋たんす2本、整理だんす3本、ダイニングテーブルセット、照明、食器、衣類、植木、ほか生活に関わるものがありました。

 

ある程度はご家族が処分をされた後でしたが、かなりの不用品を処分することになりました。

御依頼のお客様は、遠方から立会いにみえているため、お客様のご希望で「1日で全てを撤去して欲しい」とのことでした。

朝8時よりスタッフ8名、2トントラック3台で作業に取りかかりました。

スタッフ4名がダンボールに本を詰める作業から取り掛かり、約3時間がかりで本の箱詰めを終了させ、続いて大型家電、家具、食器類、などの順で廃棄作業を行いました。

 

幸いにも近隣の住民の方たちがとても協力的に接して頂いたので作業もスムーズに行うことができました。これはひとえに故人の人柄だと感じました。

ベランダのプランターや植木鉢の作業ではバラの木が多かったため、革手袋をはめ注意を払いながら枝を切る作業から始まり、生木と土、鉢を分別しながら専用のゴミ袋に入れ処理をさせていただきました。

未使用の園芸土や肥料が数袋ベランダの隅より出てきましたので、お客様にご報告したところ、「ちょうど買おうと思っていたところだった!」と喜んで持って帰られました。

遺品整理という作業をさせていただきますと、毎回気づかなかったものがどこからともなく出てくることが多くみられます。また、気づかないところにあった思い出の品々が出てくることも多々あります。

当社では、お客様のご確認後であっても、たんす・押入れなどは再確認し、お客様にご報告することにしております。作業終了後、お客様より冷たいお茶をいただき労をねぎらっていただきました。

 


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree


Copyright(C) 便利屋ZERO All Rights Reserved.