片付けのコツは気の持ちようにある


ゴミ屋敷を片付けるのは非常に大変かつ地道な作業です。
体にとっても結構な重労働となりますし、なかなか終わりが見えない作業は精神的な疲労もかなりのもの。

そんな片付け作業ですが、ちょっとしたコツを掴むことで少しだけ楽になります。
それらのコツの中でも、精神的なものを紹介します。

基本的には「すべて捨てる」

片付けの際は、基本的に「すべて捨てる」ことを基本としましょう。

とっておくかどうかを判断しながら分別していくのではなく、まず捨てることだけを考えるのです。
ただし手に取った時に「絶対に必要だ」と思ったものだけはとっておきましょう。

それ以外のものはすべて捨てます。
捨てるかどうか悩んでしまうものも、すべて捨てましょう。
とっておいて良いのは悩むことなく「絶対に必要だ」と思えたものだけです。

思い出の品物などは捨てるのに勇気が必要かもしれません。
そういったものについては写真を撮るか、品物の一部だけを残して捨てましょう。
大切なのは思い出そのものであって、品物ではないのです。

高級品は買い取りに

高いお金を出して買ったものなどは捨てるのにためらいがあるでしょう。
そういったものは買い取りに出すことをおすすめします。

ゴミ屋敷に埋もれていた時点であまり状態は良くないはずですので、そう高い価格はつかないはずです。
しかし、そうやって安い値段をつけられてしまえば、元が高級品でも手放しやすくなるというもの。
そのまま売り払って処分の手間を省いてしまいましょう。

もしも良い値段がついたのなら、それこそ売り払ってしまうべきです。
ゴミの片付けには手間だけでなく、ゴミの処理などにおいて多くの費用が発生します。
売り払ったお金をそちらに当てることで、物を減らしつつ経済的な負担を減らすことができるのです。

 


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree


Copyright(C) 便利屋ZERO All Rights Reserved.